R2Dラボ定例会議(第14回)

1.日時:令和5年7月19日(水) 9:00~11:00
2.場所:R2Dラボ拠点
3.出席者:Mr、Fm、Fr、Fi、Yh、Is
4.内容:
 予定では、まず山に入り整備作業後に2022年度総会であったが、
生憎朝からの雨で山入りは中止となった。

 ①総会
 ・2022年度収支決算報告を行った。
  -準会員のAさんから年会費を徴収したらの提案があった。
  -支出の部で拠点維持費の変動が特に冬場の11月(5,995)、12月(7,742)、1月(9,323)、2月(6,647)、3月(5,929)、4月(5,858)、5月(3,046)と推移し、5月原因追及の結果温水器の電源が入りっぱなしであることが判明した。
対策を即取った結果6月(564)、7月(548)で推移している。
  -T監査の監査結果を書類で確認した。

 ・元気創出応援事業の助成金が決定(200,000)、活動計画を討議した。
  -11月、1月にイベントを計画している。
 その際のボランティア募集に対し、ビジョンを明確にしたらの提言があった。
こういうやり方で再生を考えている。漠然とではなく的を絞り込んでボランティアの方のモチベーションが上がるような配慮が必要ではないかと。
 全員の賛同を得た。
  -岡山ではシメジを当初考えられて活動されていたら、偶然にマツタケが生えていたとの報告を以前聞いた。結果を早く出したいならまずシメジづくりから始めたらどうかの提言があった。
 これも全員の賛同を得た。
  -マツタケを早く手に入れたいなら、荷卸し峠の高速道脇に今手頃なアカマツが林立している。そこを山口県農林水産事務所に相談し、手入れできるように交渉できないかの提言があった。
 先方に申し込むこととした。

 ・盆が近づいてきた。資金稼ぎにサカキ、ハナシバを山に採取に行き、南大門で売る計画を進めようの提言があり、議論した。
  -今整備を進めているYさんの山と中村地区に所有者不明のハナシバの木がある。所有者不明は総合支所で調べられたら調べる。
Yさんのところは確実なので、8月10日(木)9:00拠点集合で山に入ることとした。
  -南大門さんには、事前に連絡しておく必要がある。

②総会後、拠点の室内清掃を行った。
 今日は雨だったので、晴れたら拠点周辺の草刈りをする必要がある。

③総会後、AさんにTEL。準会員年会費の納入をお願いしたら快諾された。

     以上    

R2Dラボ会議(第13回)議事録

1.日時:令和5年6月21日(水)9:00~10:30
2.場所:R2Dラボ拠点
3.出席者:Fm、Fi、Tm、Yh、Is
4.内容:会議前に山に入る予定であったが、雨降りのため急遽拠点で打ち合わせを行った。
今回11回、12回と2カ月連続で欠席されていたYさんが久しぶりに復帰された。4月に尿路結石を患われたためで、現在は全く回復されている。健康で良かった。

①山口県元気創出応援事業助成金の申請書を6月16日に提出した。審査に向けた事前ヒアリングとして5項目の質問があったので、その回答を全員で検討した。
特に11月と1月に計画しているイベントの内容について、11月は「干し柿づくり」「柚子味噌づくり」、1月はシイタケの「ほだ木づくり」「植菌」で決定。それぞれ講師も藤本巌さん、安野さん、竹本さんで了解された。(回答書にはあまり欲張らず11月は「干し柿づくり」1月は「シイタケの「ほだ木づくり」「植菌」とする」

➁森林ボランティア募集のチラシは、もっと迫力があるように、文字を少なく、まつたけの絵を大々的に出して、注目を惹くように作り直す。

➂二宮と岸見の山林の整備計画をつくり(Tさん)それに則って今後作業することとした。作業日が今のところ1/月回なので、今日のようにその日が雨の時は1カ月空くことになる。1/月に捉われないで期中どこでもよいから、LINEで呼びかけて、都合がつく人は参加するように今後は考える。

➃盆、正月、お彼岸等を睨み、山菜や草木等で売れる資源を探し、南大門に出荷する計画を立てる。組織が自立できるように計画的に取り組む。サカキ、ハナシバ等。

⑤次回は前年度収支決算を含めた総会とする。
 7月19日(水)9:00~              

以上    

「聞き書き甲子園」徳地フォーラム 

「聞き書き甲子園」徳地フォーラムのチラシが出来ました。

場所のご案内:徳地文化ホールは、近年建てられた庁舎(山口県山口市徳地堀1527-3)にあり、徳地体育館と表示されている地図もあります。
遠方よりお越しの方は中国縦貫道徳地IC、山口市内方面からの方は国道376号、防府市方面からの方は三田尻港徳地線184号が便利です。
次の地図をご参照ください。

Google地図参照
Yahoo地図参照

特産品販売所南大門の筋向いです。

入場料無料、申込みは不要です。
お揃いでお出掛けください

R2Dラボ定例会議(第12回)

1.日時:令和5年5月17日(水) 9:00~12:30
2.場所:R2Dラボ拠点
3.出席者:Mrさん、Fiさん、Fmさん、Is

4.内容:
・拠点に9時集合し、そのまま二宮の山林に入り、谷川の整備や伐採した木の後始末、整備をした。
・今、エ社では炭焼場を徳地で探索されている旨の話を聞き、従前にR2Dラボで候補地として考えていた中村地区を提案。その足で、現地を見ることとした。
・条件として
 ①土地の所有者から使用可のお墨付けをいただけること
 ➁水が豊富にあること
 ➂煙が民家や通行路に影響を及ぼさないこと
 ➃竹置き場が十分(約1000㎡)確保できること
 ⑤アクセスが良いこと(2tトラックが通行可である通路に近い)。
・いずれにしても実作業を行う(寝泊りする)Sさんが気に入ることが必須であり、今日見て回った場所で適地があるかどうか検討してもらうこととした。

R2Dラボ定例会議(第11回)

1.日時:令和5年4月19日(水)9:00~11:30
2.場所:二宮山林&拠点
3.出席者:Fm、Fi、Is


4.内容:
① 9:00拠点に集合して、二宮山林に行く。
・トイレの周りを囲うためと、環境をきれいにするため、主に山林にある枯れた竹を伐採し、3m長さに切ってトイレ周辺に揃えて置いた。約30本。
・雑木等も間引きし、作業前とは格段にきれいにスッキリした。
・一段落したらBBQやりたいねの意見有。あまり暑くならない時期に考えたい。


➁ 作業が終わり、拠点で話し合った。
・年会費を徴収。Fm、Fr、Fi 各氏から3,000円徴収。


➂その他
・5月17日(第3水曜日)は田植え準備で出席できない(Fm)。日程を変えるかどうか皆んなの意見を聞く。

「聞き書き甲子園」徳地フォーラムのご案内

 「聞き書き甲子園」は、高校生が地域の森・川・海で活躍する名人と一対一で向き合い、名人が持つ知恵や技術、想いを「聞き」、名人の語り口調を活かして「書き」、その作品を未来に繋げていくプロジェクトです。

 高校生や名人の地域は全国から公募により選抜されます。2022年度は、全国から14地域、その1つに徳地地域が選ばれ、推薦した7名の名人は全員採択されました。

 今回、徳地地域の名人を取材した高校生を徳地に招き、高校生が見た徳地の原風景や気付き、名人と向き合って学んだこと、考えさせられたことなどを語り合ってもらい、徳地に新しい風を吹き込んでもらうことを目的に、下記の通りフォーラムを開催します。

 フォーラムの企画・運営は、すべてを7名の高校生が担当します。これからの徳地を考えていく上で、何らかのヒントを与えてくれることを期待しています。

皆さま奮ってご参加くださいますようお願いいたします。

  • 日時:令和5年8月12日(土)13:00~15:00 (受付は12:30から)
  • 場所:徳地文化ホール
  • 語り合う人:「聞き書き甲子園」に参加した高校生7名、対応した徳地名人7名
  • 申込:申込は必要ありません
  • 入場料:無料
  • 主催:徳地地域交流センター

以上

※「聞き書き甲子園」主催:農林水産省、文部科学省、環境省、公益社団法人国土緑化推進機構、NPO法人共存の森ネットワーク                           

――問い合せ先―――――――

徳地地域交流センター(市原)

    Tel:090-7371-1922

聞き書き甲子園フォーラムに参加して

1.日時:令和5年3月26日(日)
13:30~16:35
2.場所:東京大学弥生講堂一条ホール
3.参加者:聞き書き甲子園高校生96名、
地域担当者14名、その他スタッフ20名、市原
4.内容:(聞き書き甲子園は平成14年に始まり今回第21回目。4年ぶりの会場での開催)

①優秀作品表彰
徳地和紙紙漉き名人千々松哲也さんを取材した山下沙菜さん(福岡工大附属城東高校2年)が文部科学大臣賞を受賞し大きな賞状を受け取った。

➁優秀写真表彰
徳地鮎釣り名人中島さんを撮影した石川妃里さん(福岡県立伝習館高校1年)と郷土料理名人田中京子さんを撮影した徳森真凰さん(国立有明工業高等専門学校1年)の写真が6点の優秀写真に選定された。最優秀作品のみが賞状を受け取った。

➂高校生による取材地域と名人の紹介
山下沙菜さんが徳地の概要と7人の名人を紹介した。
落ち着いていて、内容も分かりやすくて良かった。

➃名人と高校生の体験談(聞き手:塩野米松(作家)、阿川佐和子さんは体調不良で欠席)
・農林水産大臣賞受賞された鹿毛龍ノ介さん(大阪府長尾谷高校2年)と兵庫県養父市の養蜂名人
-名人が高校生から受け取った手紙の内容を見て、「その人の気持ちが伝わるような内容だった」と。
-農薬を使わない養蜂をしている。特にネオニコチノイド系殺虫剤は神経系の農薬でミツバチ大量死の原因とされている。ミツバチの本能をやられ帰り先が分からなくなる。
-日本は事故が起きてから対応を考える。欧米は事故が起こる前に手を打つ。
-百花蜜は安いけど一番体には良い。いろいろなものが混ざり合っているから。
-長尾谷高校は通信制・単位制の普通科高校。鹿毛さんはしっかりした、リーダーシップのある素晴らしい高校生であることが受け答えやその後のワークショップの行動を見て分かった。学校ではない、個人個人それぞれの生き方があると思った。
・その他4人の高校生とその名人の体験談があった。

⑤その後、各グループ(地域ごと)に分かれ、「聞き書きを振り返って」ワークショップを行った。
その場で徳地で予定していることを説明した。
-7人全員の小冊子を作る。
-8月12日(土)に徳地版の成果発表会を徳地文化ホールで行う。
皆んな賛同し、是非参加したいと。
「名人にまた会えることが楽しみ」と喜んでもらえて良かった。

※翌日(3月27日)場所を変えて昨日のワークショップの続きを行い、東京駅で解散した。

5.まとめ
「地域の伝統、技術を未来に繫げたい」という想いから公募申請し、全国14地域に選ばれて本格的にスタートした「聞き書き甲子園」プロジェクトが、今回のフォーラムで完結した。
 全国から選ばれた高校生が各地域の名人と一対一で向き合って名人の生きざまに触れ、それを通して経験し、学んだことを発表しあい、お互いを知り、これからを語り合った充実した2日間であった。
② 高校生が一人で見知らぬ地域に名人を訪ね、その心まで引き出す難しさや緊張感は、名人の醸し出す所作や言動、暖かいもてなし、孫のように接してくれる愛情で、どの高校生も「聞き書き作品を作る」から「名人のことをもっと知りたい」という気持ちにさせたようだ。
③ 名人と向き合って語り合う中で生まれたこの心の変化が、「聞き書き甲子園」の狙いだということが良く分かった。名人のこと、その地域のことをもっと知り、そのことを通して高校生が「その地域にどう関わっていけるか」を最後のワークショップで語り合った。新鮮な若い感覚でみる見知らぬ土地の印象は、その土地にドップリと浸かっている者にとっては、「それが当たり前」で見逃してしまう。そのような若者感覚の情報発信ができれば、今回全国にPRできた「徳地地域」がもっともっと広がる可能性があることを感じた
④高校生が「聞き書きを終えての感想」で語った「心に残った言葉」をいくつか記します。
⊛「何かやりたいことを見つけてそれを一流にまで磨く」…進路に迷っていて決心が着いた。
⊛「自分にとって紙漉きは好きなことだから苦ではないし、誇りというより当たり前」…他人にはできない技術を持っていてもなお「当たり前」と飾らない名人の生き様はとても素敵。
⊛「目標を立てて小さくても積み上げていくことが大切」…自らの力で考え行動し、諦めずに積み重ねていくことを意識するようになった。
⊛「仕事は好きでないと続けていけない」…仕事に対してひたむきに、情熱をもって生きることの大切さを学んだ。
⊛「宿命はそれぞれに、きっとあるんやないの。もう出会っとるかもしれんし、わからんよ。後から思うもんやわ」…1つのことに向き合い続けた名人のこの言葉は、漠然とした未来への疑問を消してくれた。
⊛「社会に出たときに、人に使われるか人を使うか、それは自分で選べばいい」…人生には信念と果たすべき役割と楽しみが必要であることを名人から学んだ。
⊛「自分なりの夢、目標を持って、前向きに取り組むことができるからこそ、周りの人が協力してくれるし、新しい道を切り拓くことができる」…これからの時代を生き抜いていける活力を貰った。

6.おわりに
◎高校生はこれまで、学校では先生と生徒、家では親と子という上下関係で生きて来ている。今回名人と対等な立場、一対一で向き合い語り合うという貴重な体験ができた。名人が語る自らの「技」「生きざま」を目の当たりにして、高校生それぞれが「生きる凄さ」を肌で、五感で感じ取ったことと思う。この貴重な体験が今後の彼ら彼女らの人生で「心の支え」になり、何があっても「へこたれない」そして最後は「楽しい」人生となるようエールを送りたい。

◎このプロジェクトに参加するにあたり、ご協力をいただいた、市や地域の方々に感謝申し上げるとともに、この貴重な体験を今後の地域活動に生かしていきたい。

 以上 
2023.3.27(文責:市原 茂)

【第21回聞き書き甲子園】優秀作品が決定いたしました!

【文部科学大臣賞】
〔作品名〕「紙漉きは息をするみたいなもんなんよ」
〔名 人〕千々松 哲也(山口県山口市(徳地地域)/紙漉き(徳地和紙))
〔高校生〕山下 沙菜(福岡県 福岡工業大学附属城東高等学校2年)

取り急ぎのうれしいご報告です、詳しくは、KIKIGAKI を参照ください。